祝福の鐘を連打するblog!(≧∀≦)ノ

オーガニック&お悩み解消アイテム満載「癒しの船」船長 田所秀基による公式ブログです♪

オーガニック&お悩み解消アイテム満載のWeb Shop「癒しの船」
http://iyashinofune.com/
きっとあなたを癒す本物がありますよ。

糖質

ソバ、つけ麺、パスタetc.麺類を食べる前にしておきたいこと。

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

麺類って美味しいですよね。

僕は3食、毎回麺類でも大喜びです!

今日は僕が実際に食べた麺類の写真を貼っていきますよ。


【うまうま麺類】

id-443618021

最初はあっさりと手作りの一品。小松菜と鰹の和風パスタです。

やきそば

さぁ、がっつりモード突入。手作り品をもう一品!焼きそばだよ。

id-443569534

これは特別な日に作ったポルチーニ茸のクリームパスタ!濃厚うまし!!


id-405386506

ここからはお店で食べた麺類シリーズ。最初は名古屋名物きしめん。


id-384128834

みなとみらいで食べた美味しかった担々麺。

id-405386885

こってりラーメンもたまに食べるとウマい!尾張ラーメン。

id-376337550

ここからは大盛りシリーズ!

麺類の中で1番好きなお蕎麦。信州屋の特盛500グラム!ウマいぞ!!


ミートソースパスタ

スパゲッティーのパンチョから大盛り600グラム!!

粉チーズかけ放題!満腹~。



つけ麺

最後は吉虎の厳選鶏白湯つけ麺 特盛750グラム!!!

次の日まで満腹でした(笑)!


【さすがに糖質を摂り過ぎたので対策を考える】


こんなに糖質をとったら血糖値が急上昇です。

たとえば・・・

食事を取ってからしばらくすると


●集中力が低下し、ぼーっとする。

●とても眠くなる

●すぐ空腹を感じる

●ズキズキ頭痛がし、イライラしやすい


これらはもしかすると糖値スパイクかもしれません。

糖値スパイクとは短期間で糖値がジェットコースターのように乱高下する状態のこと。

カラダの血管や組織に負担が大きくかかるので要注意です。


【糖化が糖尿病や認知症の原因に!?】


さらに余分な糖は体内のタンパク質などと結びついて「糖化」を引き起こします。

hoxtutokeki
ホットケーキの美味しそうなコゲ色も「糖化」反応。

しかし身体の中で「糖化」反応が進むと糖尿病や認知症を引き起こすことが知られています。

さらにはシミやシワ・たるみといった目に見える老化現象の原因とも言われています。

活性酸素による「酸化」が「身体のサビ」といわれるのに対し、

「糖化」は「身体のコゲ」と呼ばれています。


【抗糖化パワー世界No.1の植物】

しかし糖質とたんぱく質は人間にとって必要なモノ。

それでも糖化は避けたいところ。

ではどうするか!?

東南アジアの山岳地帯に生育する「黒ガリンガル」という植物があります。


黒ガリンガル

この「黒ガリンガル」の抗糖化パワーは、

同志社大学 生命医科学部アンチエイジングリサーチセンターでの研究により、

220種類近くの野菜、ハーブ、薬草の中で最高レベルの抗糖化パワーであることが判明しました。

今では研究に携わったお医者さん達の間で「これはスゴイ!」と評判になり、

現役医師120名以上が愛用しています。

もちろん「癒しの船」船長である僕も食事前には黒ガリンガル加工食品を飲んでいます。

個人的な感想ですが、身体の調子がとてもイイです。疲れにくいのです。

この植物のスゴイところは抗糖化だけではありません。

「抗酸化」・「抗炎症」にもすぐれたパワーを発揮します。

いまのところ「抗糖化」・
「抗酸化」・「抗炎症」をケアするのは黒ガリンガルだけと言われています。

麺類が大好きな方、糖質がなければ生きる楽しみがない方、アンチエイジングをお考えの方、

一度、黒ガリンガルを試されるのも良いかもしれませんね。

「黒ガリンガル加工食品」についての詳細はこちら>>>





 あなたの健康に役立つ 今一番知っておきたい情報!

「癒しの船~無料メルマガ(月1回配信)
カンタン登録はこちらから>>>

(事前に @iyashinofune.com  からのメールを受信する受信設定をしていただくことをお勧めします)



介護の現場で働くことになった話~クロガリンダ物語⑤~

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

実は4月より介護のお仕事をはじめました。
kaigo_kigae

より深く「癒し」について探求するためです。

とはいえ実際の現場は想像の斜め上を行く世界で、

毎日あたふた状態です(笑)。

それでも日々、「愛」をテーマに働いて行こうと思っています。

クロガリンダ
物語も前の記事で最終回のつもりでしたが、

黒ガリンガル

もう一回だけ書きたくなりました。

というのも介護の現場を実際に体験するとやはり、

人は「頭がハッキリして自分のことは自分でできる方が幸せだ」

と思うからです。

高齢者の方が介護施設に入ると、ご家族も毎月高いお金を払わなければなりません。

これから超高齢化社会を迎えるのですが、

上手にカンタンな予防さえすればもっと多くのお年寄りのみなさんが

「心も身体も脳も若々しく元気なまま、そしていくつになっても毎日を楽しく自分で過ごすことができる」

ことになると思います。

実は上の「」の中はクロガリンダの佐藤会長の言葉です。

id-423283138
「癒しの船」田所と株式会社レーネ 佐藤会長

その佐藤会長が東南アジアの山岳地方で見つけた「黒ガリンガル」!

黒ガリンガルだよ

今お医者様の間で大人気なのです。

現在医療施設や大学で「黒ガリンガル」についての研究が進んでいますが、

研究にあたったお医者様が「これはスゴイ!」と今では120名以上が愛用しているそうです。

実際「黒ガリンガル」には食品の中で最高の「抗糖化作用」があることがわかっています。

ここから期待されるのが脳機能改善作用です。


世界初のアルツハイマー型認知症薬「アリセプト」の生みの親であり、

ノーベル賞候補の呼び声高い杉本八郎教授も黒ガリンガルを研究・推奨しています。

認知症薬の「アリセプト」は値段も高いし副作用の危険もありますが、

黒ガリンガルは1200年以上食べ続けられてきた自然の植物なので安心ですね。

黒ガリンガルの体験談もたくさん集まってきてるのですが、

今日は某国立大学名誉教授の体験談を載せておきます。

もちろんこれは個人の体験談で効果効能をうたったものではありませんが興味深い話です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私は医学博士で、ある大学病院で病理検査い医師を務めています。

1年ほど前、知人に勧められて「黒ガリンガル」を摂りはじめました。

認知症の人の大半は「自分はボケてはいない。頭もハッキリしている」と思っていますが、

おかしな言動で周囲を困惑させているのです。

今にして思えば、私もまさにそんな一人でした。

以前の私は、毎日のように同じことを何回も聞き返したり、

言葉が出てこないまま黙り込んだり、会話に支障をきたしていたといいます。

例えば、ガンの病理診断の結果を患者さんに伝えるとき、

私は検査用紙を手にしたまま2分間、沈黙していたそうです。

患者さんにしてみれば、私が無言だと不安が募るわけですから、

たまったものではありません。

「これ以上ひどくなるようであれば、現場から外れてもらったほうがいいかもしれない」

という話も出ていたと、同僚から聞いて愕然としました。

しかし、黒ガリンガルを摂るようになって、言葉が思い出せなくなったり、

同じことを何度も聞いたりすることはなくなったそうです。

自分が認知症であることに気づかせてくれた黒ガリンガルには、

ほんとうに感謝しています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

人は誰でも年をとって老います。

しかし頭も体も健康でいることができたなら、おまけに笑顔で日々を過ごせたなら・・・

そんなフィナーレを迎えたいですね。

今回の記事が認知症に悩める方の祝福の鐘となりますように。

黒ガリンガルについては癒しの船までどうぞ♪


 
プロフィール

「癒しの船」

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード