【幻の黒い精力剤を追え!】

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

先の記事でUPした痛風を祓う植物「黒ガリンガル」と、

薬草ハンター佐藤会長の出会いとはどのようなものだったのでしょう?

10年以上も昔のこと佐藤会長はカンボジアのオーガニック農園で、

ウコンを育てることになりました。

日本で二日酔いにはウコンというイメージが定着し始めた時ですね。

ところが現地スタッフが全く働かない(笑)。
黒ガリンガル を求めて

急きょ全員を集め話を聞くと・・・

「ウコンなんて料理に使う調味料で、

どこでも生えてるしむしろ食べ過ぎは危険だと言われてます。

どうしてこんな大事な農場でやるんですか?」

そんな時、大ブーイングのやりとりを見ていたあるスタッフが口を開きます。

「ボス、どうしてもやりたいのならもっとスゴイのがありますよ。

その薬草はある地域にしかないけど、そこは年寄りでもすごく元気で、

この前も80過ぎの爺ちゃんが強姦罪で捕まったって!

とてつもない黒い精力剤なんです」


「これだ!」

そうして幻の黒い精力剤の捜索が始まったのです。

【山岳民族の元へ~山の神様の贈り物~】

捜索をかけるとその薬草の噂を知っている人はいたものの、

実物を知っている人が皆無!

ついには懸賞金2000ドルをかける大捜索にまで発展しました。

2000ドルは当時のカンボジアのサラリーマンの給料半年分です!

id-437162607

そうしてようやくある山岳民族に辿りついたのでした。

佐藤会長がビックリしたのはそこのお年寄りのパワフルさ!

農作業に行くときはピックアップトラックの荷台にヒョイと飛び乗り、

降りるときも1人でテキパキ、誰の助けも借りずに農具を担いでスタスタ歩いてく・・・

実際にこちらの山岳民族の平均寿命は80代後半、しかもみんな元気!

そこの村長さんは80過ぎですがなんと5歳の子供がいる(笑)!

こういうことはこの地域では普通なんだそうです。

なぜこんなに元気なのかを聞くと

「赤ちゃんのときから毎日、

お守り代わりに 山の神様の贈り物 『黒ガリンガル』を食べているからだよ」

という答え。

遂に幻の黒い精力剤「黒ガリンガル」に辿りつけました。

そうして痛風を祓った前回の話につながるわけです。

次回は「畑をみせてもらえない!?3年半の黒ガリンガル詣で」をお届けします。

お楽しみに♪

【クロガリンダ発売のお知らせ】

黒ガリンガルの栄養素をそのまま活かした黒ガリンガル加工食品

「クロガリンダ」が満を持して3月31日、癒しの船から新発売です。

現在好評ご予約受付中。

今回予約された方にはブログでは書ききれない、

黒ガリンガルの秘密をプレゼントをさせていただきます♪

謎のベールに包まれたクロガリンダ、ぜひその目でお確かめください。

癒しの船 (送料無料)クロガリンダはこちら>>>


ちなみに癒しの船 船長である僕個人の体感ですが、

朝だけでなくいつも元気です(笑)。