祝福の鐘を連打するblog!(≧∀≦)ノ

オーガニック&お悩み解消アイテム満載「癒しの船」船長 田所秀基による公式ブログです♪

オーガニック&お悩み解消アイテム満載のWeb Shop「癒しの船」
http://iyashinofune.com/
きっとあなたを癒す本物がありますよ。

伊勢

君の名は。からの・・・

【流れ星☆彡】

昨日の21時半頃に東京は新橋駅のホームでかなり大きな流れ星が見えました。

色は緑色というか青白いというか、なんとも神秘的な輝きでした。

ツイッターで検索すると、かなりの方が目撃されたようです。



思わず昨年大ヒットした「君の名は。」を思い出しました。

素晴らしい映画でしたね!




映画の中では巨大な隕石が日本に落ちるのですが、

実は過去の日本でも同じような出来事がありました。

これは先の聖地ツアーで元裏高野の長さんが語ってくれたことなのですが、驚くべき内容です。


_SX339_BO1,204,203,200_

あの世飛行士は見た!? 歴史の有名なあの場面
あまりに不都合な《歴史トラブル》へのタイムトラベル


隕石が落ちた話はこの本にも載っています。

【当時の都は大阪枚方市付近だった】


さて、長さんが関係者から漏れ伝え聞いた話ですよと、した上で語ってくれたこととは・・・

現在の天皇家につながる大和朝廷が成立したのは537年だそうです。

実は前年の536年に今の大阪府枚方市付近に隕石が落ち、

それまでの政権だった出雲系の都は消し飛んでしまったそうです。

その混乱時に福井・石川方面で白山王朝を築きつつあった渡来系の民族が、

出雲の姫を后にむかえることで王権を継承しようと考えました。

その際に出雲系の王権は2つの条件を提示しました。


①統治権を維持し、他のものにそれを譲らないこと。

②循環型の社会を維持すること。


もしこの約定が破られたとき再びスサノオ(素戔嗚)が再臨するので、

その際にはすべての権利をスサノオに戻すことでした。

この約束が破られたのが第2次世界大戦での敗北でした。


【スサノオ(素戔嗚)を探せ】

このときからスサノオ探しがはじまったのですが、

その決め手となるのはスサノオが書いた「虫食い文書」と呼ばれる2枚の文書です。

伊勢神宮と宮内庁にそれぞれ1枚づつ保管されています。

宮内庁は毎年スサノオとおぼしき人物を3~5名選び出し、

伊勢神宮に呼び出して文書を読ませるのです。

本当のスサノオなら虫食い部分でも読めるはずということですが、

なかなか虫食い文書を読める方は現れませんでした。



ところが2001年 遂に読み解いた人物が現れ、

2005年に正式にスサノオであると認められたのです!

【天皇陛下 生前退位(譲位)の真相】


そして天皇は2005年より10年間の禊(みそぎ)に入られ2014年に終了。

スサノオに政権を引き渡す準備が整ったと言われています。

しかし、仮にスサノオに政権を譲ったとして国民が納得するかというと納得はしないでしょう。

これが決着するまでにはまだ時間がかかりそうなので、

どのようになっても対応できるように考えられたのが今回の「生前譲位」だそうです。

実は僕はこのスサノオと認められた方と少しお話をしたことがあるのですが、

とても気さくで素敵な方でした。

とはいえ、やはり天皇陛下は全世界の人にとって特別な存在です。

これから天皇家はどのようになって行くのでしょうか。

大きな時代の変革がやってきそうです。






 

宮城聖地ツアー⑦~伊勢から出雲へ 麻から真菰へ~

宮城聖地ツアーレポも最終回。

お読みくださったみなさまありがとうございます。

たくさんの聖地を回ったバスが出発!

マコモでお世話になった株式会社リバーヴさんが社員全員で見送ってくださいました。


 15085653_1174599995957223_6554554651532328209_n

これは嬉しい!有難い!なんてあたたかい会社なんだろう(●´ω`●)

感謝感謝です。

ありがとう また来るよ~♪


id-396885802

バスの外から見える景色は東日本大震災の復興がまだ途中だということを教えてくれます。

 今回の旅は「麻」からはじまり「真菰(マコモ)」へと続きました。

バスの中でナビゲーター長さんが説明してくれたことをまとめると・・・



☆伊勢神宮の象徴は「麻」

これは 伊勢神宮の御神札(おふだ)のことを大麻といい麻の繊維でできていることからも確かです。

ちなみに以前のブログで伊勢神宮に参拝したドタバタレポがあるのでどうぞご覧ください(^^♪

【お伊勢参り!ちょいマニアック編 】



☆出雲は「真菰(マコモ)」

出雲大社の本殿のしめ縄は真菰でできています。

さらに毎年6月1日に行われる涼殿祭(すずみどのまつり)は別名「真菰の神事」と呼ばれています。



☆麻と真菰の歴史


「麻」は古くからありましたが「真菰(マコモ)」はもっと古くからありました。

日本という国は約3500年前のスサノオの時代~アマテラスの時代を経て、

卑弥呼の時代で現在の国家の大本ができあがりました。

人にとって食べ物は重要ですが、

そういった時代のなかで「麻」と「真菰(マコモ)」は特に大切とされていました。




☆神仏をも融合する麻と真菰


お釈迦さまも病人を治療する際、

最初に真菰の上に病人を寝かせ毒素を抜いた(浄化)そうです。

しばらくして病人が回復してくると今度は麻を上からかけて身体を活性化させました。



これを聞いて「!」と思いついたことがあったので家に帰ってからやってみました。

伊勢と出雲の和合、浄化と活性化を同時に行うお茶です。


id-407321636

材料は「マコモ」「有機ヘンプ(麻)プロテインパウダー」

どちらも『癒しの船』で取り扱っていますよ。

作り方はカンタン!マコモとヘンプを湯飲み茶わんに入れてお湯で混ぜるだけ。

もちろん水でも大丈夫です。

気になるお味は・・・

うんまー!


それぞれ単独で飲むより美味いぞ!

なんと滋味深い味だろう・・・

身体が喜ぶ味です。


これからの統合の時代にあわせて「和合茶」と名付けました。

これからの毎日が和合茶で祝福に満たされますように(*´∇`*)

プロフィール

「癒しの船」

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード