祝福の鐘を連打するblog!(≧∀≦)ノ

オーガニック&お悩み解消アイテム満載「癒しの船」船長 田所秀基による公式ブログです♪

オーガニック&お悩み解消アイテム満載のWeb Shop「癒しの船」
http://iyashinofune.com/
きっとあなたを癒す本物がありますよ。

介護

認知症ケアカウンセラーに認定されました(●´ω`●)

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長田所秀基です。


先日軽井沢に行ってきました。


台風接近の中でしたので雨風が強く冬のような寒さ台風


こんな天候ですのでもちろん観光で訪れたわけではありません。


ある資格を取りにやってきたのです。


その資格とは「認知症ケアカウンセラー」


「癒しの船」で最も多いお問合せが認知症に関してのことなので、僕にとっては1番必要な資格ですね。


会場に到着したのはなんとセミナー開始の5分前滝汗


本当は軽井沢には約1時間ほど前に到着していたのですが、タクシーが来ないのなんのって。


皆様も軽井沢にはタクシーが都心の100分の1台ほどしかないという認識でおられた方が良いと思いますあせる


ここが会場の南ヶ丘倶楽部


id-510316360


空気が澄んで素晴しい場所です。


会場の入り口。


1日がかりのセミナーですが、とても楽しく勉強になりました。



食堂です。



昼食うまうまニコニコ


以前行われた試験も合格しており、晴れて「認知症ケアカウンセラー」に認定されました合格


こちらが<一般社団法人>認知症予防・改善医療団 理事長の神津健一博士です。


実は「癒しの船」では神津健一博士が開発されたK・リゾレシチン含有サプリメント「Next K(ネクストケイ)」をすでに販売しています。


そして今回「糖鎖」の重要性が理解できたので近く糖鎖サプリメントも取り扱うことにしました。


既に僕も昨日から摂りはじめていますが、体感はまだわかりません(笑)!


ただ筋反射テストでは非常に良い結果が出ているのでカラダに良いことは確かです。


そんなわけで「認知症ケアカウンセラー」としてより多くの方のお役に立てるとワクワクしております。


認知症についてのご相談がある方は以下の無料健康相談までお気軽にどうぞ音譜


【無料健康相談のご案内♪】

「癒しの船」代表 認知症ケアカウンセラーである田所秀基が健康相談(メール)、講演会などみなさまのご要望に合わせて英知を分かち合います。

お気軽にお問い合わせください。

無料健康相談のお問い合わせはこちら>>>

(事前に info@iyashinofune.com  からのメールを受信する受信設定をしていただくことをお勧めします)


【あなたの健康と美容に役立つ 今一番知っておきたい情報!】

「癒しの船~無料メルマガ(月1回配信)」
カンタン登録はこちらから>>>

(事前に info@iyashinofune.com  からのメールを受信する受信設定をしていただくことをお勧めします)


「認知症あるある」と「サーチュイン遺伝子」と「レスベラトロール」

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

有料老人ホームの現場にも出ているのですが、今日も「認知症あるある」がありました。


【認知症あるある!】

15分前に来館された奥様と談笑されていた認知症のご主人。

奥様が帰られたので、夕食の案内をしに部屋へ入ったのです。

「○○さん、先ほど奥様見えられていましたね!」

「え、誰?そんなの来てないよ」

「いやいや(笑)!美人の奥様が来られて喋っていたじゃないですか」

「いや、喋ってないよ」


おそらくこの会話を奥様が聞いたら本気でズッコケるでしょう(涙)。

せっかくの休日に夫に会いに来たのに・・・(´;ω;`)

でもこの後の会話を聞いたら少しは嬉しかったハズです。

「でも○○さんの奥様って美人ですよね」

「そうだろ~(笑)!」




また別の例ですが、来館された長男の方が

「あなたの息子の〇〇です」

と自己紹介をしてるシーンを見た時はまさに介護現場あるある!

しかし自分の親がこうなるのは何としても食い止めたいところですね。

roujin_ninchisyou_man

もう一つのあるあるが、僕が食堂で食事の後片付をしていた時のこと。

「あの~ごはん食べてないんですけど・・・」

「え!○○さん、これ○○さんが食べた後のお皿じゃないですか」

「あら、そう」

ま、僕も3日前の夕食は何!?といきなり聞かれると「ヤバっ!」と思うことがありますが(笑)!


【救世主サーチュイン遺伝子】

ところで皆様はサーチュイン遺伝子という「長寿遺伝子」をご存じでしょうか!?

このサーチュイン遺伝子がONになると細胞内で指揮者のような働きをし、

100以上の老化要因を抑える働きがあるとされています

dna

【どうすればサーチュイン遺伝子を活性化できる!?】

最も有名な方法が赤ワインに豊富に含まれる「レスベラトロール」を摂ること。

フランスのボルドー大学のオルゴゴゾ教授らの研究によると、

赤ワインを毎日グラス3~4杯飲む人はまったく飲まない人に比べ、

アルツハイマー病の発症率が4分の1と少なく、

死亡率も低いという結果が出ていま
す。
id-443568673

しかし赤ワインよりも、もっとサーチュイン活性をもたらす食物があるのです。

【黒ガリンガルのスーパーパワー!】

「未開のスーパーフード」「生薬の宝石」と呼ばれる『黒ガリンガル』
黒ガリンガル

なんとレスベラトロールの15倍以上!のサーチュイン活性を持つことが確認されています。

そして特筆すべきはこの黒ガリンガルで活性化することが確認されている、

サーチュイン遺伝子の1つである「SIRT1」。

この
「SIRT1」はアンチエイジング作用はもちろん、老化、代謝、炎症、

などに細胞ストレス耐性を高め、運動ニューロンを高める機能もあります。

さらにここからが重要なのですが、

アルツハイマー病やパーキンソン病の発症を予防ないし症状を緩和することも認められているのです!

実際に黒ガリンガルを常食している東南アジア山岳地帯の人々は介護とは無縁の生活。

男女を問わず80歳以上の高齢者が、軽々とピックアップトラックの荷台に飛び乗り元気に農作業に行っています。

なんと80代で「父親」になる人もいるのですから驚きです!

僕も両親にはこの『
黒ガリンガル
』を食べてもらっています。

それも現地の方が食べている生に限りなく近い粉末加工食品としてです。

特許取得技術の真空低温乾燥で栄養素が失われることなくカプセルに入りました。

クロガリンダの加工法は真空低温乾燥

この食品が広がることによって認知症に悩める多くの方に祝福が訪れますように


黒ガリンガル加工食品の詳細はこちら>>>




 あなたの健康に役立つ 今一番知っておきたい情報!

「癒しの船~無料メルマガ(月1回配信)
カンタン登録はこちらから>>>

(事前に @iyashinofune.com  からのメールを受信する受信設定をしていただくことをお勧めします)



認知症にK・リゾレシチンという選択肢はいかがでしょう?

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

4月から介護の現場でも働いています。 

多くの認知症の方がおられます。

roujin_ninchisyou_man
【おじいちゃんが認知症になった!】

実は僕のおじいちゃんも認知症でした。

おばあちゃんに先立たれ元気がなくなったおじいちゃん。

やがて認知症の症状が出始め、顔も赤ちゃんのようになっていきました。

日に日に認知症が進むおじいちゃんに家族も打つ手なし・・・これはツライ。

最後は今、僕が働いてるような介護施設に入ってもらいました。

もう天に還って随分になりますが、あの頃の僕は何もできなくて悶々とした日々でした。

今なら「癒しの船」3種の神器「Next K(ネクストケイ)」「クロガリンダ」「ラクトシア」があるのになぁ!

そんな話をNext K(ネクストK)の神津健一博士にしたこともあります。

 NextK(・ヘ・ッ・ケ・ネ・ア・、)ソタトナキ・霏ク
ナチュラルクリニック代々木 会長  神津健一医学博士と


【鍵は神経伝達物質アセチルコリン】

神津健一博士によると認知症の原因はさまざまですが、

脳の神経伝達物質「アセチルコリン」の濃度が大幅に低くなっているのは共通しているといいます。

それならば、アセチルコリンを増やすまで!

そこでアセチルコリンの原料である「レシチン」をさらに吸収しやすく、

多くの働きをするように研究・開発されたのが「K・リゾレシチン」です。

K・リゾレシチンのKは神津のK!

リゾレシチンのリゾは低分子という意味ッ!

つまり神津博士の開発した、脳に届きやすく!脳が喜び!脳機能改善が期待できる!

世界で最も安心で信頼できる脳の栄養食品ができたのです。


実際 認知症だけでなく、

同じく脳に問題があると言われる精神障害を扱う心療内科でもK・リゾレシチンは使われています。

素晴らしいブレイン(脳の)フード(食べ物)ですね!


あの頃の僕が何もできなくて辛かったように、

今も認知症の家族を抱え悩まれている方も多いでしょう。

そんな方は「癒しの船」までお気軽にお問合せください。

今、「癒しの船」ではK・リゾレシチン含有食品のお得なキャンペーンを行っています。

興味のある方はぜひ一度お試しくださいね(´∀`*)

K・リゾレシチン満載の「癒しの船」はこちらから>>>


 

介護の現場で働くことになった話~クロガリンダ物語⑤~

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

実は4月より介護のお仕事をはじめました。
kaigo_kigae

より深く「癒し」について探求するためです。

とはいえ実際の現場は想像の斜め上を行く世界で、

毎日あたふた状態です(笑)。

それでも日々、「愛」をテーマに働いて行こうと思っています。

クロガリンダ
物語も前の記事で最終回のつもりでしたが、

黒ガリンガル

もう一回だけ書きたくなりました。

というのも介護の現場を実際に体験するとやはり、

人は「頭がハッキリして自分のことは自分でできる方が幸せだ」

と思うからです。

高齢者の方が介護施設に入ると、ご家族も毎月高いお金を払わなければなりません。

これから超高齢化社会を迎えるのですが、

上手にカンタンな予防さえすればもっと多くのお年寄りのみなさんが

「心も身体も脳も若々しく元気なまま、そしていくつになっても毎日を楽しく自分で過ごすことができる」

ことになると思います。

実は上の「」の中はクロガリンダの佐藤会長の言葉です。

id-423283138
「癒しの船」田所と株式会社レーネ 佐藤会長

その佐藤会長が東南アジアの山岳地方で見つけた「黒ガリンガル」!

黒ガリンガルだよ

今お医者様の間で大人気なのです。

現在医療施設や大学で「黒ガリンガル」についての研究が進んでいますが、

研究にあたったお医者様が「これはスゴイ!」と今では120名以上が愛用しているそうです。

実際「黒ガリンガル」には食品の中で最高の「抗糖化作用」があることがわかっています。

ここから期待されるのが脳機能改善作用です。


世界初のアルツハイマー型認知症薬「アリセプト」の生みの親であり、

ノーベル賞候補の呼び声高い杉本八郎教授も黒ガリンガルを研究・推奨しています。

認知症薬の「アリセプト」は値段も高いし副作用の危険もありますが、

黒ガリンガルは1200年以上食べ続けられてきた自然の植物なので安心ですね。

黒ガリンガルの体験談もたくさん集まってきてるのですが、

今日は某国立大学名誉教授の体験談を載せておきます。

もちろんこれは個人の体験談で効果効能をうたったものではありませんが興味深い話です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私は医学博士で、ある大学病院で病理検査い医師を務めています。

1年ほど前、知人に勧められて「黒ガリンガル」を摂りはじめました。

認知症の人の大半は「自分はボケてはいない。頭もハッキリしている」と思っていますが、

おかしな言動で周囲を困惑させているのです。

今にして思えば、私もまさにそんな一人でした。

以前の私は、毎日のように同じことを何回も聞き返したり、

言葉が出てこないまま黙り込んだり、会話に支障をきたしていたといいます。

例えば、ガンの病理診断の結果を患者さんに伝えるとき、

私は検査用紙を手にしたまま2分間、沈黙していたそうです。

患者さんにしてみれば、私が無言だと不安が募るわけですから、

たまったものではありません。

「これ以上ひどくなるようであれば、現場から外れてもらったほうがいいかもしれない」

という話も出ていたと、同僚から聞いて愕然としました。

しかし、黒ガリンガルを摂るようになって、言葉が思い出せなくなったり、

同じことを何度も聞いたりすることはなくなったそうです。

自分が認知症であることに気づかせてくれた黒ガリンガルには、

ほんとうに感謝しています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

人は誰でも年をとって老います。

しかし頭も体も健康でいることができたなら、おまけに笑顔で日々を過ごせたなら・・・

そんなフィナーレを迎えたいですね。

今回の記事が認知症に悩める方の祝福の鐘となりますように。

黒ガリンガルについては癒しの船までどうぞ♪


 
プロフィール

「癒しの船」

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード