祝福の鐘を連打するblog!(≧∀≦)ノ

オーガニック&お悩み解消アイテム満載「癒しの船」船長 田所秀基による公式ブログです♪

オーガニック&お悩み解消アイテム満載のWeb Shop「癒しの船」
http://iyashinofune.com/
きっとあなたを癒す本物がありますよ。

クロガリンダ

介護の現場で働くことになった話~クロガリンダ物語⑤~

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

実は4月より介護のお仕事をはじめました。
kaigo_kigae

より深く「癒し」について探求するためです。

とはいえ実際の現場は想像の斜め上を行く世界で、

毎日あたふた状態です(笑)。

それでも日々、「愛」をテーマに働いて行こうと思っています。

クロガリンダ
物語も前の記事で最終回のつもりでしたが、

黒ガリンガル

もう一回だけ書きたくなりました。

というのも介護の現場を実際に体験するとやはり、

人は「頭がハッキリして自分のことは自分でできる方が幸せだ」

と思うからです。

高齢者の方が介護施設に入ると、ご家族も毎月高いお金を払わなければなりません。

これから超高齢化社会を迎えるのですが、

上手にカンタンな予防さえすればもっと多くのお年寄りのみなさんが

「心も身体も脳も若々しく元気なまま、そしていくつになっても毎日を楽しく自分で過ごすことができる」

ことになると思います。

実は上の「」の中はクロガリンダの佐藤会長の言葉です。

id-423283138
「癒しの船」田所と株式会社レーネ 佐藤会長

その佐藤会長が東南アジアの山岳地方で見つけた「黒ガリンガル」!

黒ガリンガルだよ

今お医者様の間で大人気なのです。

現在医療施設や大学で「黒ガリンガル」についての研究が進んでいますが、

研究にあたったお医者様が「これはスゴイ!」と今では120名以上が愛用しているそうです。

実際「黒ガリンガル」には食品の中で最高の「抗糖化作用」があることがわかっています。

ここから期待されるのが脳機能改善作用です。


世界初のアルツハイマー型認知症薬「アリセプト」の生みの親であり、

ノーベル賞候補の呼び声高い杉本八郎教授も黒ガリンガルを研究・推奨しています。

認知症薬の「アリセプト」は値段も高いし副作用の危険もありますが、

黒ガリンガルは1200年以上食べ続けられてきた自然の植物なので安心ですね。

黒ガリンガルの体験談もたくさん集まってきてるのですが、

今日は某国立大学名誉教授の体験談を載せておきます。

もちろんこれは個人の体験談で効果効能をうたったものではありませんが興味深い話です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私は医学博士で、ある大学病院で病理検査い医師を務めています。

1年ほど前、知人に勧められて「黒ガリンガル」を摂りはじめました。

認知症の人の大半は「自分はボケてはいない。頭もハッキリしている」と思っていますが、

おかしな言動で周囲を困惑させているのです。

今にして思えば、私もまさにそんな一人でした。

以前の私は、毎日のように同じことを何回も聞き返したり、

言葉が出てこないまま黙り込んだり、会話に支障をきたしていたといいます。

例えば、ガンの病理診断の結果を患者さんに伝えるとき、

私は検査用紙を手にしたまま2分間、沈黙していたそうです。

患者さんにしてみれば、私が無言だと不安が募るわけですから、

たまったものではありません。

「これ以上ひどくなるようであれば、現場から外れてもらったほうがいいかもしれない」

という話も出ていたと、同僚から聞いて愕然としました。

しかし、黒ガリンガルを摂るようになって、言葉が思い出せなくなったり、

同じことを何度も聞いたりすることはなくなったそうです。

自分が認知症であることに気づかせてくれた黒ガリンガルには、

ほんとうに感謝しています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

人は誰でも年をとって老います。

しかし頭も体も健康でいることができたなら、おまけに笑顔で日々を過ごせたなら・・・

そんなフィナーレを迎えたいですね。

今回の記事が認知症に悩める方の祝福の鐘となりますように。

黒ガリンガルについては癒しの船までどうぞ♪


 

山の神様の贈り物~クロガリンダ物語③~

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

前回までのあらすじを1行で書きます! 

~薬草ハンターの佐藤会長が黒ガリンガルを食べたら痛風や心臓の発作がナイナイ!~

そんなわけで当初は黒い精力剤として海外に販売する野望を抱いていた佐藤会長。

しかし自分のカラダに起こった予想外の変化に考えが変わります。

「これだけ悪かった自分がこんなに変わった・・・

日本はいま超高齢化社会で不健康で悩んでる人たちがたくさんいる、

もしかして、そんな人たちに黒ガリンガルを伝えることが自分の役目なんじゃないか」


【黒ガリンガル詣で始まる】

そして佐藤会長は黒ガリンガルの種イモを分けてほしいと山岳民族の長に頼み込むのです。
黒ガリンガルだよ

ところがいくらお願いしてもNO!

3年間、毎月通うもNO!

何度行ってもNO!

しかし佐藤会長も諦めません!

同じ釜の飯を食い、根気よく交渉。

3年半後ようやく畑を見せてもらえることになったのです。

そこは神様の使いのコブラがひしめくジャングル。

コブラがまるで真夏のセミのようにジージーと鳴く(威嚇する)中、

佐藤会長は我を忘れて黒ガリンガルの元へ走り、

嬉しさのあまり1人オイオイ声を上げて泣いたと言います。

それを見た山岳民族の長も感動、ついに種イモを分けてくれることになったのです。



【いよいよ黒ガリンガルの栽培へ!】

カンボジアの農園に待ちに待った黒ガリンガルがやってきました。

日本から農業のプロを招いて有機肥料をたっぷり、

雑草はすべて手で抜いて大事に大事に育てたのです。

1年後嬉しすぎる収穫の日。
黒ガリンガルの葉

立派に葉が生い茂った黒ガリンガルを抜くとそこには丸々と肥った黒ガリンガルが・・・





ナイ!

芋がどこにも見当たらない!!

あの時のスタッフの言葉が蘇ります

「その薬草はある地域にしかない・・・」

【失意のまま山岳地帯へ】

うなだれる佐藤会長、これまでの経緯を聞いた山岳民族の長が言います

「だから言っただろ、黒ガリンガルは山の神様の贈り物だって。」

今から千年も昔のこと、この地域に伝染病が流行ったときある子供の前に女神様が現れたそうです。

その女神さまは子供をつれて黒ガリンガルの自生地に行き、

この植物をみんなに食べさせてあげなさいと言い姿を消しました。

それ以来この地方の民は毎日、黒ガリンガルを生で食しているのです。

【黒ガリンガルその驚きの栽培法】

山岳民族の長は黒ガリンガル畑に佐藤会長をつれて行きます。

なんと山の畑に入る前には、

日本人が神社に入るのと同じようにお辞儀をしてから入るのです。

そう彼らにとって黒ガリンガル畑は聖地なのでした。

種イモを植えるときは巫女が山の神様にお伺いをたてて場所を決めます。

あとはそのまま。水さえもやりません。野生のまま。

そうして収穫時期になると巫女以外の女性は入山禁止。

お祓いを行い、村長を筆頭に選ばれた人しか畑に入ることが許されません。

そして収穫後はその土地のパワーがすべて黒ガリンガルに凝縮されるため、

約5年間は土地を休ませます。

このような風習が千年以上も続いているのです。

タイの王朝では1200年も前から黒ガリンガルが重宝されていました。

新しい王が即位すると王の健康と子孫繁栄を願い、

黒ガリンガルが献上されていたことがクメール王朝の文献に記されています。
Map-of-southeast-asia_900_CE


【最高の黒ガリンガルで現地と日本が手を繋ぐ】

山岳民族のみんなが大切にしている黒ガリンガルを目の前にして、

佐藤会長は魂からの願いを彼らに伝えます。

山岳民族のみなさんが千年以上も大切にしてきた山の神様の贈り物黒ガリンガルが、

日本の必要としている方に届きみなさんの生活の糧となる。

子どもに読み書きができる教育を受けさせ、

いつか大人になったときこの山岳民族の出身であることを誇れるような・・・

こういった良い関係が築けませんか?


山岳民族のみなさんは日に焼けた笑顔でO.Kをだしてくれたそうです(*´ -`)(´- `*)

【クロガリンダ遂に日本へ】

こうして黒ガリンガルを手に入れた佐藤会長。

現地の人が生で食べるのにこだわって、栄養素をこわさない特殊製法などを試行錯誤。

クロガリンダの加工法は真空低温乾燥

ようやく完成したのがクロガリンダです。

なんと佐藤会長がはじめて黒ガリンガルに出会って10年以上の歳月が流れていました。

今年佐藤会長に出会い、その人柄に惚れクロガリンダを試したところ確かにスゴイのです!

id-423283138


クロガリンダの蓋を開けるとまるで生のような鮮烈で女神様のような高貴な香りに癒されます。

クロガリンダはきっと多くの人の助けになる!そんな確信を抱いています。


山の神様の贈り物「クロガリンダ」満を持して癒しの船から新発売です。

ご購入された方にはブログでは書ききれない、

黒ガリンガルの秘密をプレゼントをさせていただきます♪

癒しの船 (送料無料)クロガリンダはこちら>>>


次回はいよいよ最終回、生薬の宝石 黒ガリンガルに秘められたパワーをお届けします。







 

幻の黒い精力剤を求めて~クロガリンダ物語②~

【幻の黒い精力剤を追え!】

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

先の記事でUPした痛風を祓う植物「黒ガリンガル」と、

薬草ハンター佐藤会長の出会いとはどのようなものだったのでしょう?

10年以上も昔のこと佐藤会長はカンボジアのオーガニック農園で、

ウコンを育てることになりました。

日本で二日酔いにはウコンというイメージが定着し始めた時ですね。

ところが現地スタッフが全く働かない(笑)。
黒ガリンガル を求めて

急きょ全員を集め話を聞くと・・・

「ウコンなんて料理に使う調味料で、

どこでも生えてるしむしろ食べ過ぎは危険だと言われてます。

どうしてこんな大事な農場でやるんですか?」

そんな時、大ブーイングのやりとりを見ていたあるスタッフが口を開きます。

「ボス、どうしてもやりたいのならもっとスゴイのがありますよ。

その薬草はある地域にしかないけど、そこは年寄りでもすごく元気で、

この前も80過ぎの爺ちゃんが強姦罪で捕まったって!

とてつもない黒い精力剤なんです」


「これだ!」

そうして幻の黒い精力剤の捜索が始まったのです。

【山岳民族の元へ~山の神様の贈り物~】

捜索をかけるとその薬草の噂を知っている人はいたものの、

実物を知っている人が皆無!

ついには懸賞金2000ドルをかける大捜索にまで発展しました。

2000ドルは当時のカンボジアのサラリーマンの給料半年分です!

id-437162607

そうしてようやくある山岳民族に辿りついたのでした。

佐藤会長がビックリしたのはそこのお年寄りのパワフルさ!

農作業に行くときはピックアップトラックの荷台にヒョイと飛び乗り、

降りるときも1人でテキパキ、誰の助けも借りずに農具を担いでスタスタ歩いてく・・・

実際にこちらの山岳民族の平均寿命は80代後半、しかもみんな元気!

そこの村長さんは80過ぎですがなんと5歳の子供がいる(笑)!

こういうことはこの地域では普通なんだそうです。

なぜこんなに元気なのかを聞くと

「赤ちゃんのときから毎日、

お守り代わりに 山の神様の贈り物 『黒ガリンガル』を食べているからだよ」

という答え。

遂に幻の黒い精力剤「黒ガリンガル」に辿りつけました。

そうして痛風を祓った前回の話につながるわけです。

次回は「畑をみせてもらえない!?3年半の黒ガリンガル詣で」をお届けします。

お楽しみに♪

【クロガリンダ発売のお知らせ】

黒ガリンガルの栄養素をそのまま活かした黒ガリンガル加工食品

「クロガリンダ」が満を持して3月31日、癒しの船から新発売です。

現在好評ご予約受付中。

今回予約された方にはブログでは書ききれない、

黒ガリンガルの秘密をプレゼントをさせていただきます♪

謎のベールに包まれたクロガリンダ、ぜひその目でお確かめください。

癒しの船 (送料無料)クロガリンダはこちら>>>


ちなみに癒しの船 船長である僕個人の体感ですが、

朝だけでなくいつも元気です(笑)。
 

痛風を祓う植物~クロガリンダ物語①~

【薬草界のインディ・ジョーンズに会う!】

オーガニック&カラダゆるゆるグッズの専門店「癒しの船」船長 田所です。

先日たいへん素敵な方にお会いすることができました。

株式会社レーネの佐藤会長です。


 id-423283138

佐藤会長は20代で単身NYに渡り以後も世界中を旅しながら

「生活の質の向上」を提案しつつ人生を歩んできました。

そして青山に日本初のインテリアショップをオープン。

「ライフスタイル」「南ヨーロッパ」といった言葉を日本に定着させた方です。

しかしながらハチャメチャな生活から身体は病気のテーマパーク状態に。

近年は「生命の尊さ」をテーマに薬草ハンターとしての活動を精力的に行っています。

そんな佐藤会長が僕に不思議な植物を渡してくれたのです。

【未開のスーパーフード 黒ガリンガル】

黒ガリンガル

それがこの黒ガリンガルという植物。

黒といいますが、本当は写真のように紫色です。

佐藤会長が黒ガリンガルの皮を剥きはじめると、

辺りにはなんとも鮮烈で高貴な香りが漂います。


「うわぁ、とても美味しいんでしょうね」

「ハッハッハーーー!とんでもない。

これを食べたらどんなに美味しいお寿司を食べても味がわからなくなります」

「ほんまですか~!?パクリ、もしゃもしゃ、うん、うまいじゃないですか・・・

あれ、え!、え!、か、辛~~~~~い(/TДT)/ 舌がしびれるゥゥゥ!!

か、カラダがカッカと熱くなってきました。なんちゅうパワーだこりゃ!」

「ハッハッハーーーー!でしょ!!」


【痛風と狭心症の身体に起こった不思議な出来事】

実は佐藤会長、生まれつき心臓が悪く狭心症持ち。

自身はもちろん社員全員がニトログリセリン(ダイナマイトの原料で狭心症の治療薬)を常備するほど、

しょっちゅう心臓発作を起こす身でした。

さらには痛風歴17年の大ベテラン。

痛風の発作が出ると左足親指が腫れて激痛に襲われるのだそうです。

その痛みは痛風になった者にしかわからないほどの激痛で、

「足を切ってくれ!」と叫んだこともあったとか。

じっとしても痛い、人が話す声でも痛い、風が吹いても痛い、正に痛風!

ある時などは新幹線の通路をトイレまで這っていったそうです。


そんな佐藤会長が東南アジアの山岳民族からもらった「山の神様の贈り物」と呼ばれる

黒ガリンガルをわけてもらったところから話は始まります。



とりあえず日本に戻り人体実験のつもりで毎日摂取。

黒ガリンガルを飲んで1週間後、痛風の予兆が出ました。

社員にいつものように明日は出社できないと伝え就寝。

翌朝、不思議なことが起こりました。

痛みがなかったのです。

少しだけ赤くなっているけど普通に歩ける!

出社すると社員全員が驚いていたそうです。

今まで痛風カレンダーの通りに会長が休んでいたからW

そしてなんとその日以来一度も痛風の発作が起きていないのです。

相変わらず尿酸値は高いのですが痛くない・・・(黒ガリンガル抗炎症作用発動!)

心臓の調子もすこぶる良い。

これはぜひ日本のみなさんにも紹介したい!!

と決心してからなんと10年の月日が流れるのです。

次回は佐藤会長が黒ガリンガルを知るきっかけになった、

ある信じられない事件をお送りします。

薬草界のインディ・ジョーンズの活躍をどうぞお楽しみに♪

幻の黒い精力剤を求めて~クロガリンダ物語②~




 


山の神様の贈り物~クロガリンダ物語③~


抗糖化・抗酸化・抗炎症に期待!~クロガリンダ物語④~


介護の現場で働くことになった話~クロガリンダ物語⑤~

 


【クロガリンダ発売のお知らせ】
黒ガリンガルの栄養素をそのまま活かした黒ガリンガル加工食品

「クロガリンダ」が満を持して癒しの船から新発売です。

謎のベールに包まれたクロガリンダ、ぜひその目でお確かめください。

癒しの船 (送料無料)クロガリンダはこちら>>>




あなたの健康に役立つ 今一番知っておきたい情報!
「癒しの船~無料メルマガ(月1回配信)

カンタン登録はこちらから>>>

(事前に @iyashinofune.com  からのメールを受信する受信設定をしていただくことをお勧めします)


 
プロフィール

「癒しの船」

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード