ビッグニュース!深田晃司監督がカンヌで快挙!おめでとう!

~シネマトゥディより引用~

『淵に立つ』深田晃司監督、カンヌ審査員賞受賞に「とてもびっくり」

【第69回カンヌ国際映画祭】


 main
 映画『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門の審査員賞を受賞した

深田晃司監督(36)が現地時間21日に行われた授賞式後、

興奮冷めやらぬまま囲み取材に応じた。

同日午後過ぎに映画祭側から

「受賞したので授賞式に来てほしい」

という連絡を受けたが、何を受賞したのかは教えてもらえなかったといい、

「審査員賞というのは今、壇上で初めて知ったので、とってもびっくりでした。

そこの驚きは本物の驚きでした。演技じゃないです」

と上気した顔で語った。

<中略>

 初カンヌにして受賞となり緊張&興奮気味の深田監督のスピーチは、

授賞式のハイライトとなったといっても過言ではないほど会場は大いに沸いた。

だが、深田監督は

「他の登壇者のスピーチが思ったより短かったので、だいぶ端折りました」と苦笑い。

 
「今ちょっと落ち着いたので言うと、

『日本には優秀な監督がたくさんいます。

ただ海外に出るための制度は未熟だと思います。

日本はこれだけフランス映画が好きで、

フランスもこれだけ日本映画を愛してくれているのに、

残念ながら両者の間には一緒に映画を作るという協定がありません。

例えば韓国とフランスの間には結ばれているのに、

なぜ日本は結べないのだろう……。

新しい才能がより外へ出ていき、

自由に映画を作るための制度が日本には不足しています』

ということを、一番みんなが言うことを聞いてくれるタイミングなので

この機会に言ってみようかなと思ったんですけど、

ほかの人のスピーチは短かったので……(笑)」と振り返っていた。

main (1)

深田晃司監督とはカンヌに発つ直前まで連絡を取り合っていて

「必賞!」

と送り出したのですが本当におめでとうございます。

監督の着ているタキシードは中学の旧友たちがプレゼントしてくれたもの。

ここにも監督の愛されキャラが出ていると思います。



さてさて今日のお題、なぜ【悲報】なのか!?

ハイ、実は僕もこの映画にちょろっと出演しているのです。

ま、エキストラみたいなもんです。

そりゃぁ おめでたいことじゃないかって?

ま、そうなのですが深田監督から電話でオファーが来たとき


「リーダー(僕は監督からリーダーと呼ばれております)、

遂にリーダーの美尻を世に出す時がきましたよ!」


とだいたいみなさん想像がつくような、いやそれ以上のヨゴレ役オファーが来たわけです。

深田監督は僕が主宰していたBANDユンスピのほとんどのLIVEを

撮影してくれていました。

そのほとんどのLIVEで僕は尻を出していたんですね。

その尻映像が深田監督の脳に刷り込まれ、今回の出演となったわけです。

尻洗脳です(笑)。

そんなわけで、あられもない姿を浅野忠信さんの前で出してしまいました。

穴があったら入りたいわけです。
id-251090432

とはいえ、大切な友の晴れ舞台!

僕も恥と恐れを横に置きこの映画を世界に広めましょう!

ちなみに以前のユンスピblogで当時の撮影の話を書いています。

記事中のファンだった俳優さんはもちろん浅野忠信さん。

僕を助けてくれた尊敬する俳優さんとは古館寛治さんでした。


映画『淵に立つ』は今秋、有楽町スバル座ほかにて全国公開です。