あなたのココロとカラダに本当に良い物を世界中からお届けする「癒しの船」船長 田所秀基です。


日本でしか飲めないのにほとんどの日本人がその存在すら知らないお茶があります。


その名は「マコモ」




浄化の植物「真菰(まこも)」を発酵させ粉末にしたお茶です。




この「マコモ」を製造・販売している(株)リバーヴさんは宮城県は気仙沼に本社があります。


写真は小野寺会長と僕です。中央にある草が真菰です。


気仙沼といえば2011年東日本大震災で甚大な被害を受けた地域です。


リバーヴさんもほとんどの建物が津波で流されてしまいました。

しかし、マコモ製造の心臓部だけが残っていました。

津波は心臓部の1cm手前で引いていったそうです。


この心臓部、なんと会長・社長でさえも入れない秘密の部屋なのです!


入ることができるのは杜氏(とじ 最高製造責任者)さんのみ。


しかも夫婦喧嘩をした日は杜氏すら入れないという鉄の掟があります。




僕も特別に部屋の前まで行かせてもらいました。


ここで一体何が行われているのか?


「蘇生(そせい)」です。


刈り取った真菰(まこも)は汚れを取り除いた後、太陽の光にさらし、次は工場で蒸気殺菌をします。

ここで植物としての真菰はいったん死滅します。

しかしここから「蘇生(そせい)」という工程を経ると死んだ真菰がある微生物(マコモ菌)とともに生き返るという現象が起こります。


このマコモ菌こそが国宝級に重要な菌なのです。


開発者の先代はわかっているだけでも2,742種の植物を同様の工程で蘇生してみましたがマコモ菌を発生させることができたのは真菰だけでした。


そしてマコモ菌は人間の体内にある善玉菌を増やし身体を浄化させる働きがあります。



つまり「マコモ茶」を飲むというのは「マコモ菌」をカラダに入れて健康になるということなのです。


世界中をさがしてもここだけでしか作れない幻の健康茶です。


そんなマコモ茶ですが現在3種類のラインナップがあります。


一番スタンダードな「マコモ」


マコモを極限まで発酵・微粉末化させた「マコモハーモニー」


マコモと比べてさらに美味しくマコモ菌の量は2倍となっています。




そして究極のマコモ茶といえる「マコモレジェンドプラス」


特別仕込みのためさらに美味しくマコモに比べて20倍のマコモ菌がふくまれています。


ちょっと次元の違うマコモ茶です。



寒い冬、アツアツのマコモ茶を飲んで心身の浄化と健康にお役立てください。


「癒しの船」が自信をもってお勧めするジャパンプレミアムです。


僕が3種類を飲んでみての感想はやはりダントツで「マコモレジェンドプラス」です。


一口で日本を感じることのできるお茶です。


厳しい寒さが続きますがみなさまがますます暖かく豊かになって行きますように♪


マコモシリーズについて詳しくはこちらから>>>


よろしければこちらも登録してくださいネ。

下矢印         下矢印          下矢印

【あなたの健康と美容に役立つ 今一番知っておきたい情報!】

「癒しの船~無料メルマガ(月1回配信)」
カンタン登録はこちらから>>>

(事前に info@iyashinofune.com  からのメールを受信する受信設定をしていただくことをお勧めします)